その1000万円を、いかに消耗せずに投資して、かつ成功をおさめるか

その投資、結局消耗してない?1000万円の資産運用を慎重に考えるサイト
MENU

搾取

搾取のイメージ

ここでは分散投資のデメリットと言える手数料の「搾取」と、その具体例として投資信託、J-REIT、ソーシャルレンディングについて解説しています。

リスクは低くなるが「搾取」が増える分散投資

投資には「卵は一つの籠に盛るな」という言葉があるように、分散投資をすることがリスクを減らす有効な手段として知られています。そして分散投資の代表として投資信託やJ-REITなどのファンド型金融商品があります。

また高利回りの運用方法としてソーシャルレンディングが注目されています。これはインターネット上に金融市場を作るような仕組みですが、投資家から見ると融資を組み込んだファンドの購入であり投資信託を行っているのとそれほど変わりません。

以上のようなファンド型金融商品は運用はすべて任せてしまうため手間はかかりませんが、必ず手数料が発生します。購入手数料や、運用手数料、出金手数料など何かの行動を起こす場合にお金が取られるという仕組みです。預かった運用した結果として分配金などが戻ってきますが、利益を上げれば上げるほど「搾取」も増え消耗してしまうのです。

「搾取=消耗」の少ない1000万円の投資・運用方法とは?

投資信託

投資信託とは資産を自分で運用する代わりに投資のプロにお願いするものです。投資先は海外も含めた株式や債権など様々で、投資家は少額な資金しかなくても分散投資をしてリスクを軽減できるというメリットがあります。

運用をお願いする以上、そこには手数料が発生し購入時手数料(販売手数料)、運用管理費用(信託報酬)、信託財産留保額などがあります。証券会社では様々なテーマでファンドが組まれ、複数の投資信託に分けることでさらに分散投資できますが、その分手数料も増えていきます。

J-REIT

J-REITは運用会社が投資家から資金を集め不動産投資を行い、その結果得られた賃料収入などの利益を投資家に分配するもので、投資先を不動産に絞った投資信託と考えても間違いではありません。

J-REITの売買は証券会社を通じて行われ、購入時と売却時に売買手数料がかかります。証券会社によっては取引ごとではなく定額料金を一定期間支払う場合もありますが、仕組みとしては通常の株式売買と基本は同じです。売買を繰り返せば当然ながら手数料支払額も増えます。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングはお金を貸したい人とお金が必要な人をインターネット上で結びつける仕組みで、融資型のクラウドファンディングに位置づけられます。直接金融に近い形式なので手数料は少なめですが、仲介する事業者に対してかかります。

投資家から集めたお金を借り手に貸して運用するので、手数料は融資先から徴収して投資家には発生しないように見せているケースが多く見受けられますが、融資金利と投資家利回りの金利差があるので間接的に手数料を負担しているとも言えるのです。

ロバート大倉

ロバート大倉

早稲田大学を卒業後、インターネット関連企業に勤める傍ら、1000万円規模の投資について独自に研究を行なっている。いかに「消耗」の少ない投資を実現できるか?がロバート大倉的、1000万円規模の投資方法である。

「消耗」の少ない
1000万円の投資方法とは?