その1000万円を、いかに消耗せずに投資して、かつ成功をおさめるか

その投資、結局消耗してない?1000万円の資産運用を慎重に考えるサイト
MENU

労働

労働のイメージ

ここでは高利回りと言われる投資に必要となる「労働」と、その具体例として株式投資やFXについて解説しています。

高利回りの投資に「労働」が必要なワケ

投資で稼ぐためには消耗の一つである「労働」が必要になります。資金と口座さえあればすぐに投資を始められるというのは間違いではありませんが、儲けを出すためにはそれなりの労力と時間が必要なのです。

もちろん投資には様々なスタイルがありますので、その大小はありますが株式投資やFXのようなキャピタルゲインを目的とするような投資では株価や為替相場の値動きを常に気にしなければなりません。

デイトレーダーと呼ばれる人の中には株価や為替チャートの画面を見続けて1日の半分以上を過ごすということも少なくはありません。そうなると仮に会社で働いていなくても、家で働く=「労働」のと同じです。

そこで利益を出せれば疲れも吹き飛ぶかもしれませんが、投資は儲かる時もあれば損をする時もあります。まさに体力も精神力も奪われ消耗することになります。

「労働=消耗」の少ない1000万円の投資・運用方法とは?

株式投資

投資の中では一般の人が最もイメージしやすく身近に感じている金融商品です。配当金や株主優待を目的として始める人も多いですが、何と言っても株価の値動きによるキャピタルゲインを狙えるのが最大の魅力です。

株式の市場は取引時間が短く、東京証券取引所では朝9時から11時30分と12時30分から15時までなので、その間に売買を行わなければなりません。デイトレードで日々収益を上げることを考えると1日中張り付いて取引を繰り返すことになります。

為替取引(FX)

為替差益を目的とした金融商品で外国為替証拠金取引と言います。レバレッジを利用して少額の資金(証拠金)で大きな取引ができるのが魅力ですが、損失も何倍にもなりますのでそれだけハイリスクと言えます。

24時間取引ができることから昼間仕事をしているサラリーマンにも人気がありますが、裏を返せば四六時中為替レートの動きが気になるということです。やることはチャートの動きを見て売るか買うか判断の繰り返しですが、ギャンブル的要素が強く休む暇がありません。

ロバート大倉

ロバート大倉

早稲田大学を卒業後、インターネット関連企業に勤める傍ら、1000万円規模の投資について独自に研究を行なっている。いかに「消耗」の少ない投資を実現できるか?がロバート大倉的、1000万円規模の投資方法である。

「消耗」の少ない
1000万円の投資方法とは?