その1000万円を、いかに消耗せずに投資して、かつ成功をおさめるか

その投資、結局消耗してない?1000万円の資産運用を慎重に考えるサイト
MENU
その投資、結局消耗してない?1000万円の資産運用を慎重に考えるサイト » 1000万円を投資した方の体験談集 » 専門知識なし&何もせずに安定した収入を得ている方の体験談

専門知識なし&何もせずに安定した収入を得ている方の体験談

ここでは知識も労力もほとんど必要としない投資方法を見つけて安定収入を得ている人の体験談を紹介しています。

サラリーマンを続けながら投資で収益を上げることはそう簡単ではありません。そんな中でコインランドリー経営という新しい投資形態で成功している人の体験談を紹介します。

体験談に学ぶ!コインランドリー経営による1000万円の投資・資産運用

Mさん(50代)のケース

Mさんの話をざっくりまとめると…

  • 本業の不動産投資は甘くないことを熟知。株式投資・FXで成功している人も周りに全くいない…
  • そんな時にインターネットで見つけたコインランドリー経営に惹かれ、副業として開始。
  • 現在では週1の集金だけで手間がかからず、安定した黒字経営を継続できている。

私は不動産会社に勤務しているサラリーマンですが投資や経営にはかねてから興味がありました。小さい会社なので漠然とした不安もあり、将来の備えとして何かできないかと考えていたのです。

当然、本業の関係で不動産投資も検討しましたが、それほど甘くないことはわかっています。また株式投資やFXで成功している人も周囲にはほとんどいませんでした。

そもそも不動産投資をやるほど資金は用意できませんし、規模があまり大きくない副業はないかとインターネットで探して見つけたのがコインランドリー経営。経営と言っても基本的に無人ですから手間がかかりませんし、2~5年で初期投資を回収できるビジネスモデルなので副業としてやっていこうと思いました。

自分には株やFXよりも「お店が持てる」というワクワク感があるのが決め手でしたね。

店舗の初期投資額は1,100万円。月に30万円の売上が損益分岐点でしたが、初月は10万円足らず…。さすがに認知度を上げることが必要だと考え、その時はビラ配りやブログ立ち上げなど宣伝活動を行いました。

現在3年目になりますが軌道に乗ってからは週に1回の集金だけでほとんど手間がかからずに黒字経営が続いています。最初から経営ノウハウは持っていませんでしたが、FC本部にサポートしてもらえるので不安になることなくやってこれました。

ロバート大倉のワンポイント解説

コインランドリー経営についてロバート大倉の所感

  • コインランドリー経営は立地条件や家賃などのコストが経営を左右する。
  • 立ち上げ時の資金繰りや営業活動などの労働はそれなりに必要… 
  • サポートが充実しているコインランドリーFCに頼れば、手間のかからない安定収入も実現可能。

投資や本格的な資産運用が初めてという場合は成功パターンしか頭に入らず、リスクを軽視して失敗することが多いのですが、Mさんの場合はそのへんを冷静に考えているところが素晴らしいと思います。

本業が不動産会社ということもあって不動産投資のリスクはしっかり把握されていますし、自分の身の丈にあった投資というところで無理せずに探したのが、良い結果に結びついているのでしょう。

コインランドリー経営は実店舗がありますので、立地条件や家賃などのコストも経営を左右しますが、そこは本業のノウハウが生かせる分野なのでMさんにはピッタリなのではないでしょうか。

いくら手間がかからないと言っても立ち上げ時はそれなりの営業活動は必要で、「消耗」が全く無いわけではありません。それは一種の「労働」とも言えますが、本業の仕事を続けながらできる程度なのでそれほど重たくはないでしょう。

もちろんある程度の経営ノウハウも必要とされますが、コインランドリーFCの本部のサポートが受けられるようなので、そのおかげでMさんの手間もかなり軽減されていることが予想されます。

ロバート大倉的、消耗ポイント

  • 店舗オープン直後は宣伝活動など「労働」が必要
ロバート大倉

ロバート大倉

早稲田大学を卒業後、インターネット関連企業に勤める傍ら、1000万円規模の投資について独自に研究を行なっている。いかに「消耗」の少ない投資を実現できるか?がロバート大倉的、1000万円規模の投資方法である。

「消耗」の少ない
1000万円の投資方法とは?