その1000万円を、いかに消耗せずに投資して、かつ成功をおさめるか

その投資、結局消耗してない?1000万円の資産運用を慎重に考えるサイト
MENU

株式投資

ここでは株式投資を1000万円の運用方法として考えている方に向けて、リスクの少ない投資法や運用シミュレーションを解説。リスクから見る消耗ポイントについても触れています。

株式投資を始めるには?

株式投資を始めるためには、まずは証券会社の口座を持っていなければいけません。株の売買は基本的にこの口座で行うことになります。

証券会社の選択方法

株式投資を始める上で最初に迷うことが、「どこの証券会社で口座を作るか」ということでしょう。証券会社を選ぶときにまず重視したいことは、手数料の有無や金額。手数料は株の売買をするときに必要になるので、手数料は安めに設定されているところがおすすめです。今後、株式投資を続けていく上で口座を変更することは可能なので、最初はそれ程深く考える必要はなく、手数料が低めのところで作っておけば大丈夫です。

口座開設後の入金

口座を開設したら、まずは株を購入するための資金を口座に入金します。入金する金額は自由に決められますが、株を購入するための資金に加えて、手数料分を入金しておくことも忘れないようにしてください。

株式の購入

入金が完了したら株の購入を行います。購入したいと思う銘柄と株数が決まったら、証券会社に買い注文を出せば、銀行から購入分の資金が差し引かれ、証券会社が株を購入してくれます。口座開設さえ終われば、株を購入するための手順自体は非常に簡単で、すぐ完了するでしょう。

株式投資の特徴

株式投資の最も大きな特徴は、株の価格変動が大きく、大きな利益を出すこともあれば、大きな損失を出す可能性もあるというところです。更に、特徴的な部分をいくつか挙げてみます。

株価が様々な要因によって変動すること

株の価格は「株価」によって表され、持っている株の資産価値は「株価×持っている株数」で算出されます。1株当たりの価格である株価は毎日変動していて、その株価はニュースなどでも見ることが出来るでしょう。株価は企業の業績が好調であれば上がりますが、不調の場合は下がり、その他、世界的な経済状況によって左右される可能性もあります。

配当金や株主優待を受け取れること

企業の株を購入して株主になると、配当や株主優待として、現金や金券、商品などを受け取ることができるというところも特徴です。ただし、配当金などは業績によって左右されるので、必ず受け取れるわけではありません。

企業の意思決定に関わる権限を持つこと

また、株主は、株主総会で企業の意思決定に関わることができるようになります。役員の構成や企業の基本事項については、多数決で行われることが多く、企業の経営に対して自分の意思を反映させられるでしょう。企業の動向を決定する権利を持つということです。

株式投資がおすすめの理由

株式投資をおすすめする理由は、損失のリスクが低く、インフレリスクに対応可能で、論理的に今後の利益を算出することができるからです。株式投資で1000万円を効率的に運用することができる理由を見てみましょう。

インフレリスクに対応可能

確かに、株式投資は損失を発生させるリスクもあります。ですが、長期的に投資を行うことによって、インフレのリスクに対応できるメリットがあるとも言われており、インフレ時に大きな株価上昇も期待できるでしょう。

株価は理論的な算出が可能

株価は理論的に算出することが可能です。現時点での妥当な株価や今後の経営による事業価値を算出することで、資産運用の将来性を知ることができます。この理論的な算出法を理解すれば、妥当だと思われる企業の価値よりも、低い株価で購入できる株を見つけられる場合もあると言われています。

損失を発生させるリスクは低い

そして、最後に挙げるべきポイントは、損失を発生させるリスクが低いということです。正しい銘柄の株を購入することが前提となりますが、企業や株式市場は常に成長を続けるため、長期的に見て損失を発生させる可能性は少なくなります。そのため、投資として成功する可能性は高い方法であると言えるでしょう。

株式投資のデメリット

株式投資は理論に基づいた計算や銘柄選びが正しければ、デメリットはない投資方法のように感じられます。ですが、株式投資にも次のようなデメリットが存在します。

必ずリスクが存在すること

株式投資には小さくとも必ずリスクが存在するため、銘柄選びを間違えた場合に大きなリスクを背負うことになります。株式投資のリスクとして、株価変動による変動リスク、経営不振などの信用リスク、株の売買が成立しない流動性リスクの3つが挙げられます。

知識なく安定した投資は困難

特に投資初心者の方に株式投資は難しいと言われていますが、その理由は、上場している企業の数が多いことと、株価が常に変動していることです。1000万円で安定した投資を行おうと思うと、株式投資の場合は経済の知識や各銘柄の情報などが不可欠。前知識なしに投資を始めるのは危険でしょう。

1000万円の投資方法としては投資額が小さい

株式投資は投資信託や純金積立よりも初期投資額が大きい投資方法ですが、1000万円の投資先としては投資額が小さいため、資産を持て余してしまう可能性があります。1000万円を株式投資で使うなら、初期投資額が大きくても、知識や情報がなくても始められる他の投資方法の方が良いでしょう。

1000万円の株式投資 - 運用シミュレーション -

株式投資は定期預金と違って年利が固定されるわけではありませんが一般的に7%程度になると言われています。これは東証1部全銘柄の株式益利回りが7%くらいに落ち着くためです。

世界一の投資家と言われるウォーレンバフェットが年平均22.6%だったことから、ここでは7%、15%、20%の年利で分けてどのくらいの運用実績になるのか計算してみました。

  年利7% 年利15% 年利20%
元本 10,000,000円 10,000,000円 10,000,000円
5年後(元本+運用収益) 14,025,517円 20,113,572円 24,883,200円
10年後(元本+運用収益) 19,671,514円 40,455,577円 61,917,364円
30年後(元本+運用収益) 76,122,550円 662,117,720円 2,373,763,138円

当然ながら年数が増えれば利回りはよくなりますが、株式投資で30年間勝ち続けるというのは奇跡に近いことですので、5年後くらいの数字を見るのが現実的なところです。

株式投資への1000万円の使い方

株式投資には大きく分けて株価変動リスク、流動性リスク、倒産リスクの3つのリスクがあります。安全に資産運用をするためにはこれらのリスクをできるだけ回避することが必要です。

株価変動リスクを避ける投資

株価は銘柄によっては一日で20%以上変動します。株価下落による変動リスクを避けるためには株価が安定している銘柄を選べばリスクは軽減されます。東日本大震災のようなことがあれば別ですが、一般的には電力・ガス会社、鉄道会社など公共事業に近い業種が変動が少ないと言われています。

流動性リスクを避ける投資

株の流動性とは売買成立のしやすさを意味します。流動性リスクが高い銘柄はあまり注目されず売買できる株数が少ないので、売ろうと思ってもすぐに売れず不利になります。このリスクを避けるためには銀行・大手有名企業など出来高の多い銘柄を選択すればよいということになります。

倒産リスクを避ける投資

最近では企業規模が大きくても資金繰りの悪化などで倒産する企業が増えています。保有している銘柄の会社が倒産してしまえば価値はゼロになり大きな損失を生みます。倒産リスクを避けるためには、営業利益や純利益など決算数値をもとに企業分析を行い危険信号が出たらすぐに手放すことです。

株式投資のリスクに見る「消耗」の面影

株式投資で継続的に安定収益を確保するためには以下のような「消耗」は避けることができません。

分析力を養うための「勉強」

株価変動リスクをできるだけ避けたとしても、100%安心ということはありません。株価チャート分析や移動平均線など様々な分析手法を駆使するためには勉強が必要ですし、倒産リスクを避けるためには企業分析力も必要です。勉強という消耗無くして株式投資はできないと言ってもよいでしょう。

売買タイミングを逃さないための「労働」

株式投資には様々なスタイルがありますが、基本的には売買を繰り返すことで収益を積み重ねていく投資方法と考えてよいでしょう。投資家によっては週に一度、あるいはデイトレーダーなら毎日の売買取引をするために株価の変動を常に気にしながら、一日中パソコンの画面と向き合うといった「労働」という消耗がつきものです。

株式投資のリスクを軽減してくれる
信頼の証券会社一覧

ロバート大倉

ロバート大倉

早稲田大学を卒業後、インターネット関連企業に勤める傍ら、1000万円規模の投資について独自に研究を行なっている。いかに「消耗」の少ない投資を実現できるか?がロバート大倉的、1000万円規模の投資方法である。

「消耗」の少ない
1000万円の投資方法とは?