その1000万円を、いかに消耗せずに投資して、かつ成功をおさめるか

その投資、結局消耗してない?1000万円の資産運用を慎重に考えるサイト
MENU

ソーシャルレンディングでおすすめの事業者一覧

ここでは1000万円の運用方法としてソーシャルレンディングを選ぼうとしている方に向けて、おすすめの事業者を紹介。またその他の投資方法を比較して消耗度を明らかにしています。

日本で初めてのソーシャルレンディングを開始したmaneo

2008年に日本で初めてソーシャルレンディングサービスを開始したパイオニア的会社です。GMOクリックホールディングスやSMBCベンチャーキャピタルなどが出資する業界最大手で数万円からの少額投資も可能です。法人向け融資をメインに個人投資家から950億円以上の資金を集め、業界をリードしています。

maneoの口コミ・評判

  • 最初は怪しいかなと思っていたのですが利回りが5.5%あるということで分散投資の一つに選びました。きちんと1ヶ月で5.5%÷12の配当があり、元本も無事に戻りました。
  • maneoさんで1000万円程運用をさせていただいているのですが、今のところ遅延や延滞といったことは起きていません。毎月6万円の利益が出ているのでよいのではないでしょうか。

maneoの基本情報

社名 maneoマーケット株式会社
所在地 東京都千代田区内幸町1-1-7 NBF日比谷ビル24階

グループの安心感で業界2位を誇るSBIソーシャルレンディング

SBIグループ100%出資の会社で2011年からサービスを開始しています。不動産関連の事業者向けの貸付事業で運用するファンドをメインにこれまで募集した金額は400億円と業界2位の実力を誇ります。またSBI証券に株式を預けている個人を融資対象に設定したSBIならではのファンドも用意されています。

SBIソーシャルレンディングの口コミ・評判

  • 利回り7%のメガソーラーファンドに最初は10万円の投資からスタートしました。現在は20万円ほど投資中になっていて予定通り月に900~950円ほどの分配金が振り込まれています。
  • 投資資金を分散させる目的でmaneoとSBIソーシャルレンディングの2つを利用しています。住信SBIネット銀行と連携はとれていないみたいですがSBIグループの一員という安心感があります。

SBIソーシャルレンディングの基本情報

社名 SBIソーシャルレンディング株式会社
所在地 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー13F

新興国の融資ファンドに特化したクラウドクレジット

伊藤忠商事やマネックスベンチャーズから出資を受けて2014年にスタートしたソーシャルレンディング会社で、日本国内の融資ではなく南米やアメリカなど新興国の小口債権をメインにしています。発展途上国では融資の上限金利が高く設定できるので平均利回りは10%以上と高く、今後も高利回りが期待できます。

クラウドクレジットの口コミ・評判

  • 利回りだけを強調するのではなく、投資するファンドのリスクもしっかり説明してくれるので安心できました。投資したファンドは貸し倒れリスクを軽減する設計になっていてとても満足しています。
  • 1万円からの少額投資ができて始めやすかったのもよかったですが、それ以上に出金手数料が無料というのが気に入りました。他社では配当金があっても手数料がかかるので大きなメリットだと思います。

クラウドクレジットの基本情報

社名 クラウドクレジット株式会社
所在地 東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル802

日本初!証券会社が運営するクラウドバンク

2013年にスタートした日本で初めて証券会社が運営するソーシャルレンディングサービスです。太陽光発電ファンドや中小企業支援型ローンファンドなどバリエーションが豊富で、1万円からの少額投資から始められます。なお2016年運用終了したファンド実績平均利回りは6.78%となっています。

クラウドバンクの口コミ・評判

  • 他のソーシャルレンディングサイトと見比べてわかりやすさでここにしました。目標利回り5%以上のファンドが多く1万円から運用できます。今のところ貸し倒れはなくこのまま継続したいと思います。
  • 定年後の資産運用としてこちらの太陽光発電ファンドを選びました。最初はマンション投資も考えましたが失敗する可能性が高そうだったからです。投資家向けセミナーの内容もわかりやすかったです。

クラウドバンクの基本情報

社名 日本クラウド証券株式会社
所在地 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館

1000万円の投資をするなら…ソーシャルレンディングと他の投資方法を比較

ソーシャルレンディングはインターネット上で資金を集める融資ファンドで信託報酬などの手数料という名目で費用は発生しませんが、投資先への貸し付け利率と投資家に対する利回りの金利差が事業者の利益となり間接的な「搾取」という消耗があります。

このサイトではより「消耗」の少ない投資方法を見つけるために、あらゆる投資方法を比較していますので是非参考にしてください。

1000万円でできる資産運用方法一覧

ロバート大倉

ロバート大倉

早稲田大学を卒業後、インターネット関連企業に勤める傍ら、1000万円規模の投資について独自に研究を行なっている。いかに「消耗」の少ない投資を実現できるか?がロバート大倉的、1000万円規模の投資方法である。

「消耗」の少ない
1000万円の投資方法とは?