その1000万円を、いかに消耗せずに投資して、かつ成功をおさめるか

その投資、結局消耗してない?1000万円の資産運用を慎重に考えるサイト
MENU
その投資、結局消耗してない?1000万円の資産運用を慎重に考えるサイト » 1000万円まで、そして1000万円からの投資・資産運用術

1000万円まで、そして1000万円からの投資・資産運用術

ここでは1000万円を中心に金額別の投資・資産運用術を紹介。それぞれのメリット・デメリットのほかに、あなた自身が「消耗」してしまうポイントもまとめました。

手持ち資金の額によって投資や資産運用の方法は変わります。選択を誤るといつまで経っても思い通りにお金が増えていきません。金額帯による方法の違いをふまえて、満足のいく投資を行なってください。

100万円までの
投資・運用方法

100万円に近づくと投資を考え始めることも多いので貯金の目標額にはなりますが、投資金額としてはまだまだ十分とは言えない段階です。そこで少額でもできる最近注目の投資商品をピックアップしました。

おすすめの投資・資産運用法

  • 外貨預金
  • ソーシャルレンディング
  • FX

共通の消耗ポイント

  • 手数料がかかる(搾取)

共通のメリット

  • 元手資金が少なくてもできる

共通のデメリット

  • 元本の保証はない

500万円までの
投資・運用方法

100万円を超えて500万円くらいまではどこに投資すべきか迷う段階です。集中投資するとリスクも高くなってしまうため守りと攻めの両方が必要です。そこで分散投資に重点を置いて最適な商品をピックアップしました。

おすすめの投資・資産運用法

  • 投資信託
  • 国債
  • 外債

共通の消耗ポイント

  • 長期間の運用を余儀なくされる(継続)

共通のメリット

  • 比較的運用リスクが低い

共通のデメリット

  • 大きなリターンは期待できない

1000万円までの
投資・運用方法

1000万円くらいの元手があるとかなりダイナミックな運用ができるようになるので高いリターンを期待できます。運用方法としてはいわゆる金融商品だけではなく小規模事業に投資するスタイルにも目を向けられます。

おすすめの投資・資産運用法

  • 株式投資
  • J-REIT
  • コインランドリー経営

共通の消耗ポイント

  • 専門性は高くないがある程度の知識は必要(勉強)

共通のメリット

  • 現金化しやすいまたは現金ビジネス

共通のデメリット

  • ある程度元手がないと非効率

1000万円からの
投資・運用方法

1000万円を超えるとそこから先さらに上を目指して増やしていくには、思い切った投資も必要になります。株式投資などの金融商品以外の選択肢として、できるだけ手間がかからないビジネスを検討する必要があります。

おすすめの投資・資産運用法

  • 株式投資
  • 太陽光発電
  • コインランドリー経営

共通の消耗ポイント

  • 専門性は高くないがある程度の知識は必要(勉強)

共通のメリット

  • 現金化しやすいまたは現金ビジネス

共通のデメリット

  • ある程度元手がないと非効率

2000万円からの
投資・運用方法

2000万円あると十分なように見えて実はそうでもありません。この段階であまりハイリスクの投資は失うものも大きいためまとまったお金を元手に定期的に収入を得られる投資・資産運用法についてピックアップしました。

おすすめの投資・資産運用法

  • マンション投資
  • アパート経営
  • コインランドリー経営

共通の消耗ポイント

  • メンテナンスを委託すると管理コストがかかる(搾取)

共通のメリット

  • 継続的な収入が見込める

共通のデメリット

  • 管理・メンテナンスが必要

あなたにとって、消耗の少ない投資を選択しましょう

手持ち資金の大小に関わらず、投資や資産運用にはメリット・デメリットがつきもの。目先の利益にばかりに注目するのではなく、その投資方法だと、自分には何が必要になり、どんな手間が発生するのかまでを考え、いかに消耗が少ないかを見極めるべきなのです。

「消耗」の少ない1000万円の投資・運用方法とは?
ロバート大倉

ロバート大倉

早稲田大学を卒業後、インターネット関連企業に勤める傍ら、1000万円規模の投資について独自に研究を行なっている。いかに「消耗」の少ない投資を実現できるか?がロバート大倉的、1000万円規模の投資方法である。

「消耗」の少ない
1000万円の投資方法とは?