その1000万円を、いかに消耗せずに投資して、かつ成功をおさめるか

その投資、結局消耗してない?1000万円の資産運用を慎重に考えるサイト
MENU

1000万円までの投資・運用方法

500万円を元手にできる投資方法となると、かなりダイナミックな運用ができるようになるので高いリターンを期待できます。経験とある程度のノウハウがあれば投資信託を利用しなくても複数の株の現物取引で分散投資が可能です。

また金融機関が用意する投資商品を購入するだけでなく、駐車場やコインランドリー経営など小規模事業に投資することで利益を上げていくという考え方もできるようになります。そこでここでは、500万円の元手を1000万円まで増やす代表的な投資・運用方法をまとめました。

株式投資

株式投資とは特定の会社の株式を購入・保持することで配当金を得たり、株価の値動きに合わせて売買を行うことでキャピタルゲインを得る投資のことです。一般的にもよく知られ、東証だけでも2,000銘柄を超えるのであらゆる分野の株取引が可能です。

インフレが進むと株価も上がる傾向にあるためインフレに強く、企業や株に関する情報が豊富なので国内株式であれば投資初心者でも比較的気軽に始めることができます。また株主優待を目的に株式を購入する人もいます。

キャピタルゲインとは反対にキャピタルロスのリスクがあることがデメリットで、含み損を抱えながら売却できずに株が塩漬け状態になることもあります。また株を発行する会社が倒産すれば価値がゼロになるリスクもあります。

株式投資のメリット

  • キャピタルゲインが得られる
  • 配当金や株主優待が受けられる
  • 情報が豊富で始めやすい

株式投資のデメリット

  • キャピタルロスのリスクがある
  • 株を発行する会社の倒産リスクがある

株式投資の消耗するポイント

  • 株価チャートなど分析手法の勉強が必要で、1日のうちの半分は張り付く(勉強、労働)

J-REIT

J-REITは運用会社が投資家から資金を集め不動産投資を行い、その結果得られた賃料収入などの利益を投資家に分配する投資信託の1つです。J-REITの売買は証券会社を通じて行われ、購入時と売却時に売買手数料がかかります。

通常の不動産投資のようにローンを組んで不動産を取得する必要がなく、異なる不動産に同時に投資が可能で、証券として扱われるので現金化しやすいというメリットがあります。また不動産の専門知識がなくても始められます。

一方でリスクとしては、不動産市場の影響を受けるので賃料相場や売却価値が下がる可能性があり、投資法人が倒産したり上場廃止になると大きな損害を受けることになります。また投資信託なので購入時と売却時に手数料がかかります。

J-REITのメリット

  • ローンを組まずに複数の不動産に投資できる
  • 証券なので現金化しやすい
  • 不動産の知識がなくてもできる

J-REITのデメリット

  • 市場環境によっては価値が下がる
  • 投資法人の倒産リスクがある
  • 上場廃止になると大損害を受ける

J-REITの消耗するポイント

  • 購入時と売却時に手数料がかかる(搾取)

コインランドリー経営

コインランドリー経営とはコイン式の洗濯機や乾燥機をある程度の広さのスペースに設置して売上・利益を上げるビジネスのことです。税制上の優遇措置があったり、オーナーの負担も少ないことから資産運用の手段として注目されています。

基本的には自動洗濯機を置くだけなのでスタッフを常駐させる必要はなく、ランニングコストが安いのが特徴で、利回りは約15%と非常に収益性の高いビジネスと言えます。衣食住の「衣」に関わるので安定したニーズを確保できるのもメリットです。

スタートするにあたって洗濯機や両替機などの専用の機器を購入する必要があるので初期費用がかかるのがデメリットです。無人経営はメリットでもありますが同時に現金などの盗難リスクもあります。

コインランドリー経営のメリット

  • オーナーの負担が少ない
  • 税制上の優遇措置がある
  • ランニングコストが安く高収益

コインランドリー経営のデメリット

  • 専用機器購入の初期費用がかかる
  • 盗難リスクがある

コインランドリー経営の消耗するポイント

  • 初期費用はかかるが専門知識は必要なく運営コストも安いので消耗は少ない
ロバート大倉

ロバート大倉

早稲田大学を卒業後、インターネット関連企業に勤める傍ら、1000万円規模の投資について独自に研究を行なっている。いかに「消耗」の少ない投資を実現できるか?がロバート大倉的、1000万円規模の投資方法である。

「消耗」の少ない
1000万円の投資方法とは?