その1000万円を、いかに消耗せずに投資して、かつ成功をおさめるか

その投資、結局消耗してない?1000万円の資産運用を慎重に考えるサイト
MENU

500万円までの投資・運用方法

100万円を超え500万円くらいまではどこに投資すべきか迷う段階です。投資資金として使える幅が増えるのと同時に、あまり高リスクの投資を行うと大きな損失を出してしまう可能性があるからです。

そこで分散投資でリスクを回避しながら元手を有効に活かして着実に増やせる投資商品についてまとめました。

投資信託

投資信託は自分で行う代わりに投資のプロに運用を任せるもので、少額な資金を国内株式、国内債券、外国株式、外国債券などに分けて投資ができるので分散投資を代表するような金融商品です。

外国株式や外国債券などは個人で投資したいと思っても事情がわからず、なかなか手を出しにくいですが、投資信託なら難しいことは考えずに資金を預けるだけなので手間がかかりません。

その代わり資産運用を委託するための手数料や投資信託を購入する際も手数料がかかります。株の現物取引よりも割高になるので、慎重に選ばないと支出が増えてしまいます。またプロが運用しても元本割れする可能性はあります。

投資信託のメリット

  • 少額な資金を分散投資できる
    資金を分散投資できるということは、リスクを分散させられるということでもあります。もし、一つの投資商品で損失が発生したとしても、投資した金額が少額であればリスクを軽減することができるでしょう。
    その上、その他の投資商品にも投資していたとすれば、そちらで得た利益によってリスクを埋めることも可能です。分散投資はリスクヘッジの一つの方法として、投資をする上では非常に一般的なこととなっています。
  • 海外株・債権の投資もプロに任せて安心
    投資信託は投資のプロに全て任せることができるため、投資に慣れていない方でも、効率よく資産運用ができるという点がメリットです。普段から投資の情報を広く仕入れ、様々な方の資産を運用しているプロだからこそ、効率的に利益を出しながらリスクを軽減させる方法を知っていると考えられます。
    日本では情報を得にくい外国株式なども、プロであれば情報を把握していることが多く、それらもフルに活用した運用をしてもらえるということでもあるでしょう。

投資信託のデメリット

  • 手数料が割高
    投資信託は投資商品の中でも「手数料が高い」と言われており、必要な手数料として、「申込手数料」「信託報酬」「信託財産留保額」などが存在します。申込手数料が4.0%、信託報酬が3.0%、信託財産留保額が0.6%と仮定して、20万円分の取引をしたとすると、合計15,200円の手数料が必要で、申込手数料だけで考えても8,000円が必要です。
    国内株式への投資では、約定代金のみで考えると、20万円分の取引での手数料は200~300円程度となっています。信託報酬は年間で課せられる手数料なので単純に比較できませんが、他の投資商品と比較して手数料が高いことは免れません。
  • 元本割れのリスクがある
    投資信託では価格変動のある商品に投資をするため、株式型や海外債券型、国内債券型など種類を問わず、元本割れのリスクが存在します。特に、株式などの投資対象は価格の変動が大きいため、大きな利益が得られる可能性が高い一方で、大きな損失を出して元本割れする可能性も高くなるでしょう。

投資信託の消耗するポイント

  • 現物取引より手数料が高い(搾取)

国債

国債は正式には国庫債券と言って、国が行う政策や公共事業に必要な資金を集めるために発行する借用証書のようなものです。個人向け国債は変動10年、固定5年、固定3年の3つのタイプがあり、中途換金制度もあります。

国債のメリットは満期後の元本は国が保証しているので安全性が高いローリスク金融商品だということです。また個人向けなら1万円単位で投資できるので分散投資の中の一つとして組み入れやすいこともあります。

ただローリスクである代わりにローリターンというのがデメリットになります。国債の利回りは円通貨の金利と連動するので、定期預金よりも利回りは高くなりますが低金利時代の現在では大きなリターンは期待できません。

国債のメリット

  • 国が満期時の元本を保証するのでローリスク
    国債は発行する時に利率と償還期限があらかじめ設定され、その償還時期が来た際に、投資した資金に加えて利息を受け取れると財務省によって取り決められています。つまり、日本の財政が破綻してしまわない限り、「投資した元本と利子が受け取れる」ことが確実であるため、元本割れするリスクはほとんど存在しません。
    言わば、日本国が行っている定期預金のようなイメージで、資産が減ってしまうリスクが極端に低いため、初めての方でも安心して利用できます。
  • 少額でも投資を始められる
    国債には様々な種類がありますが、株式などの投資商品と比較して、少額から投資可能であるというメリットがあります。国内の個人向け国債であれば、額面は1万円となっており、最小購入単位も1万円からです。
    新窓販国債は個人向け国債よりも高額になりますが、それでも額面金額が5万円で、最小購入単位も5万円なので、非常に購入しやすい商品です。初めて投資に挑戦する方にとっては、投資をお試しするためにも良い商品だと言えるでしょう。

国債のデメリット

  • 高い利回りは期待できない
    国債の金利は購入した時の経済状況によって変化しますが、2018年現在、税引前で0.05%となっています。一方で、円の定期預金は0.02~0.1%程度で設定されているため、受け取れる利益としては、普通の定期預金と大差がありません。定期預金金利は銀行によって差がありますが、場合によっては預金のほうが利回りが良い場合もあるでしょう。
  • 国が破綻した場合は元本・利息が支払われない
    メリットの項目でご紹介しましたが、国債の元本が保証されているのは「日本の財政が破綻していない場合」に限られます。もちろん、日本に限らず海外国債でも同じことが言えますが、その国の財政が破綻した場合は、利子が支払われない上に、元本が全て戻ってこない可能性もあります。

国債の消耗するポイント

  • 何年かけてもローリターン(継続)

外債

外債とは発行場所、通貨、発行者のどれかが外国の債券のことで国内債券と区別されています。元本の払い込みから利払い、償還まですべて外貨建てで行われることが多いですが、円建てのものもあります。

国によっても違いますが国内債券よりも外債の方が高い利回りが期待でき、国内債券とは違った動きをするのでリスクヘッジという意味での分散投資になります。満期時は発行者が破綻しない限り元本と利息が支払われるので、株式投資よりはリスクは低くなります。

デメリットとしては為替レート変動によるリスクがあるということです。また政治・社会情勢が不安定な国の債権は債券価格が大きく変動する可能性もあります。発行者が破綻すれば元本や利息を受け取れないこともあります。

外債のメリット

  • 国内債券よりも高い利回りが期待できる
  • リスクヘッジという意味で分散投資に使える

外債のデメリット

  • 為替変動リスクがある
  • 国の政治・社会情勢に影響される
  • 発行者破綻のリスクがある

外債の消耗するポイント

  • 為替相場やリスクについて学ぶ必要がある(勉強)
ロバート大倉

ロバート大倉

早稲田大学を卒業後、インターネット関連企業に勤める傍ら、1000万円規模の投資について独自に研究を行なっている。いかに「消耗」の少ない投資を実現できるか?がロバート大倉的、1000万円規模の投資方法である。

「消耗」の少ない
1000万円の投資方法とは?