その1000万円を、いかに消耗せずに投資して、かつ成功をおさめるか

その投資、結局消耗してない?1000万円の資産運用を慎重に考えるサイト
MENU

2000万円からの投資・運用方法

2000万円以上からできる代表的な投資・資産運用方法について解説しています。2000万円という資金は、銀行に預けておいても増えていかないどころかインフレリスクを考えると目減りする一方に。とはいえあまりハイリスクの投資にすべてを注ぎ込むと、一気になくなる可能性もあります。そこでここでは、2000万円を元手に定期的に収入を得られる投資・資産運用法を厳選して紹介しています。

マンション投資

マンション投資は不動産投資の1つで、一棟購入も可能ですが数億かかってしまうこともあるため区分所有でワンルームを所有し運用するケースが多くなっています。

バブル時代とは違って、物件の値上がりを期待するのではなく継続的な家賃収入が得られることがメリットで老後の年金代わりにもなります。また数千万円あれば複数物件を購入して分散投資することも可能です。

トラブル・クレーム対応や入居者管理は管理会社に委託すれば特別な知識やスキルは必要ありませんが、ワンルームマンション投資の場合は特に空室リスクがついてまわります。また株式投資のように素早く売却できないので慎重さが必要です。

マンション投資のメリット

  • 継続的な家賃収入が見込める
  • 複数物件を購入し分散投資が可能

マンション投資のデメリット

  • 空室リスクがある
  • すぐに売却できない

マンション投資の消耗するポイント

  • 管理を委託するとコストがかかり、自分で管理しようとすると専門知識が必要(搾取、勉強)

アパート経営

アパート経営は不動産投資の1つで入居者からの継続的な家賃収入を目的とします。マンション投資とは違って区分所有ではなく建物一棟を購入するのが一般的です。したがって空室による無収入のリスクはマンション投資より低くなります。

また一棟所有の場合は新築ならば自分で間取りや設備を決まられますし、途中で修繕や設備投資の必要が発生しても他の人にお伺いを立てるといったことはありません。また株式や債券と違って会社の倒産リスクはなく不動産という実物資産が残ります。

デメリットとしては入居者の家賃滞納リスクや空室リスクがあります。また建物や入居者管理は賃貸管理会社に委託できますが管理コストがかかります。さらに長い目で見ると建物の老朽化により家賃が下がるので収益率は悪くなります。

アパート経営のメリット

  • 継続的な家賃収入が見込める
  • 一棟購入なので空室リスクが低減
  • 不動産という実物資産が残る

アパート経営のデメリット

  • 入居者の家賃滞納や空室リスクがある
  • 建物の老朽化とともに収益性悪化

アパート経営の消耗するポイント

  • 管理コストがかかり思ったほど高収益は確保できない可能性がある(継続)

コインランドリー経営

コインランドリー経営とはコイン式の洗濯機や乾燥機をある程度の広さのスペースに設置して売上・利益を上げるビジネスのことです。税制上の優遇措置があったり、オーナーの負担も少ないことから資産運用の手段として注目されています。

基本的には自動洗濯機を置くだけなのでスタッフを常駐させる必要はなく、ランニングコストが安いのが特徴で、利回りは約15%と非常に収益性の高いビジネスと言えます。衣食住の「衣」に関わるので安定したニーズを確保できるのもメリットです。

スタートするにあたって洗濯機や両替機などの専用の機器を購入する必要があるので初期費用がかかるのがデメリットです。無人経営はメリットでもありますが同時に現金などの盗難リスクもあります。

コインランドリー経営のメリット

  • オーナーの負担が少ない
  • 税制上の優遇措置がある
  • ランニングコストが安く高収益

コインランドリー経営のデメリット

  • 専用機器購入の初期費用がかかる
  • 盗難リスクがある

コインランドリー経営の消耗するポイント

  • 初期費用はかかるが専門知識は必要なく運営コストも安いので消耗は少ない
ロバート大倉

ロバート大倉

早稲田大学を卒業後、インターネット関連企業に勤める傍ら、1000万円規模の投資について独自に研究を行なっている。いかに「消耗」の少ない投資を実現できるか?がロバート大倉的、1000万円規模の投資方法である。

「消耗」の少ない
1000万円の投資方法とは?